大宰府散歩(2)・太宰府天満宮     (2012.05.30)

観世音寺から大宰府天満宮へ歩きます。
今日の主目的は、菖蒲池の咲き具合を見にいきます。
天満宮の広大な駐車場は、ほんの少ししか駐車していませんネ
観光バスも数台で、この時期、平日は少ないのかな。
境内も貸切状態で、ゆっくりと鑑賞出来ました。
と、など思っていましたら、帰りがけには団体さんが押しかけてきていました。
単なる時間差ですかネ
例年今頃は、春の修学旅行もありますので結構多いのですが・・・・
肝心な花菖蒲は、まだ咲きはじめたばかりで、幾分の咲き具合でした。
アジサイも菖蒲池は、ほどほど、心字池は、まだ蕾状態でした。
どちらも来週末(6月10日頃)には、咲きほこび見頃を迎えるでしょう。

駐車場から参道のお土産屋さん通りに入りましたが、参拝客が見当たりませんネ
画像

七国山行きのバスもまだのようです。
画像

こっちは、スマートなテディベアー。
しっかりと合格祈願を持っています。
画像

鳥居の付近もすっきり。
画像

太鼓橋には参拝客がみえますネ
画像

噴水も心なし元気がない!
画像

あ、や、や、境内は、寂しいですネ
こんな有様は、見たこと無いですネ
画像

右が京都から一晩で飛んできたと伝えられる飛梅。
数日後にこの飛梅の梅取りが報道されました。
もう現在は、梅は無いってことです。
画像

参拝をすませて菖蒲池に回ります。
こちらも鑑賞客はなく、おまけに肝心な花もまばらでした。
画像

それでも咲き出した所を撮影。
画像

菖蒲には皆名前がありますが、種類も多く覚えられない。
なので名前の記載はなしって事で手抜きです。
紫色も白い筋が入ったり、濃い色だったりとします。
画像

画像

画像

どれも同じ種類に見えますが、違うらしい。
私には、違いが判りません。
画像

画像

白っぽい紫色の花も。
午後からの撮影でしたので、もう花びらに元気がありません。
画像

画像

蕾が少し開き花びらが覗いています。
明日咲くのでしょうか。
画像

ちょっとズームも。
画像

画像

こちらは、もっと白っぽい花たち。
画像

画像

コンデジは、白が苦手なようで・・・・
画像

白っぽい、紫の筋が入り、クリーム色のめしび?
画像

黄色いもありました。
画像

お池の周りには、アジサイが植えられています。
これは、カシワバですネ
画像

独特の三角錐の形の花です。
画像

花びらは、柏の葉に似ているので、この名があるのですネ
画像

こちらは、スミダノハナビ。
ガクアジサイからの変種でしょうか。
画像

額辺が花火に見えることから名づけられたのでしょう。
画像

画像

そん花火をズームで。
画像

こちらは、ガクアジサイ。
画像

画像

セイヨウアジサイは、色変わりの最中でした。
画像

池の周りには、たくさんの梅が植えられて、梅園を作っています。
丸かじりしたくなる大きさに育っています。
画像

花菖蒲は、少し寂しい咲き具合でしたが、楽しみは残しておきましょう。
帰りは、団体さんも多く通りました。
ガヤガヤのかの国の人や修学旅行の高校生、名札をつけた団体さんなどなど・・
やっぱし、ちょっとした空間だったのですネ
散歩の帰りは、いつもの梅ケ枝餅。 1個105円。
焼き立てなのでアツアツ。
画像

さて観世音寺まで帰りましょうか。
熱い梅ケ枝餅なぞ食べましたので、体はなおさら暑くなりました。
その暑さで、ゆっくりと歩きます。
往復約6km、3時間の散歩でした。