2013年サクラ咲く(12)・満開大宰府政庁跡   (2013.03.24)

(更新が滞っています)
水城跡から、ゆっくりと歩いて大宰府政庁跡にきました。
駐車場も満車でしたが、サクラの下は、見物客が引きめいています。
皆さん、思い思いにガザやシートを広げて、宴会の最中です。
サクラは、満開、満開で見ていて気持ち良いです。
あちこちから漏れる美味しそうな匂いだけは、とても独り身の私にとっては辛い。
子供たちも元気いっぱい走り回っています。
今日は、汚染物質も危険値には達してないので、皆さん外でのんびりです。
東北の放射能の影響を受けてない分、幸せです。
東北でも外で自由に歩けて、遊べる日が早く訪れる事を願っています。
しかし、2年過ぎても、その気配がないのは心が痛みます。


水城跡から、散策路を歩きますと家々の花につい気をとられます。
画像

綺麗なピンク色ですが、この長いめしべの様な花は、何だろう?
画像

てくてくと歩いて、2km。 水城小学校まできました。
画像

校庭のサクラ。
不審者じゃないので、門近くから撮影です。
画像

画像

画像

大きな花びらも。
画像

隣は、学業院中学校。
門塀に沿って歩きます。 あと1kmほどで政庁跡。
画像

政庁跡に入ってきました。
画像

左側のサクラは満開で、時折の日差しで輝いて見えます。
サクラは、この日差しが有る無しで、色が変わってしまいます。
画像

綺麗です。
画像

ふたたび、てくてくと400mで、政庁跡の小川に着きました。
手前は、カエデで若葉が映えだしています。
その先は、白くサクラが咲いていますネ
画像

小川を一歩渡ると、そこは別転地。
満開のサクラが広がっています。
画像

画像

サクラの下には、思い思いの花見客が集っています。
画像

画像

画像

手前の石が政庁跡の建物があった位置を表します。
左から右に伸びるのが回廊のあった位置を表します。
サクラは、左の西側から北側に伸びています。
画像

↑の右側。
画像

奥から西側のサクラ。
画像

満開の花びらを、少し大きく。
画像

画像

画像

日差しがあったり、なかったりで色彩が思わしくありません。
画像

画像

北側のサクラ。
画像

画像

画像

北側も満開。
画像

画像

ときたま、ピンク色で撮影されることもありますネ
画像

画像

シダレザクラも。
全体は大きいが、まとまりがないですネ
画像

画像

こっちがシダレっぽい。
画像

こちらは、白いサクラ、オオシマっぽいです。
画像

コブシもまだ咲いていますが、少し元気がないような。
画像

日向ひょっとこ踊り隊とちんどん隊が3.11の募金活動をしていました。
私も心ばかしの小銭を箱に納めます。
腰つきがみょうに怪しげな踊りですが、腰を入れないと難しい踊りです。
画像

鐘、太鼓、トランペット、昔懐かしい音楽を奏でています。
画像

花見客が突然、飛び入りでお面を借りて踊りだします。
本物には負けますが、喝采を浴びていました。
画像

最後に楽しい思い出ができました。
ちんどんやのあのメロディーは、体が自然に動き出してしまう魔法の音ですネ
私の小さい頃は、日曜になると何処とからなく聞こえていましたが、今は、TVや宣伝カーに変わり、とんと聞きません。
後継者も少なくなったのでしょう。
これから、車の有る水城まで、3.5km歩き戻ります。