観世音寺・彼岸花       (2015.09.22)

(去年の忘れ物、次回の為に
仕事が早めに終わりましたのでちょっと寄り道。
お彼岸の連休中なので参拝者もあるかと思っていたが、いつもの静けさが漂っていた。
この静けさに浸りたくて観世音寺は、訪れます。
賑やかな所も良いがゆっくりしたい時は、なにも無い方を好みます。
この日は、まさに静かに浸り、写真もゆったりと撮影できた日でした。
あちら語の多い所は、近頃多くなってきましたが、聞いていて、ちょっと場違いな感じがしてならないです。
韓国も中国も台湾も寺社は、非常に賑やかで華やいでいます。
そう言う雰囲気に慣れるのは時間が掛かりそうです。

今年は、ヒガンバナの撮影は、出来ないかなと思っていたが、仕事の隙間にちょうど合いました。
真っ赤な艶やかな中に、物静かな雰囲気が漂うヒガンバナ、その生き様は、お彼岸の期間にダブリ、はかなさを感じます。
サクラのぱっと咲いて散る様に似ているようです。
良く曲に出るのは、はかなんだ、むなしさや思い出が多いのもしたりでしょうか。


駐車場に車を留めて、観世音寺へ。
今日も静かな境内です。
画像

古き木々は、苔むしています。
画像

萩も最盛期ですが、どうもこのデジカメは、ズームが上手く出来ない。
画像

生垣の中にヒガンバナを見つけました。
これ1輪だけで目立ちます。
画像

隣の土手には、ポツリポツリと咲き出しています。
画像

ナンキンハゼもまだ青いですネ
画像

コスモス畑は、ポツポツと咲き出しています。
画像

画像

戒壇院で参ります。
カエデもまだ色づき始めですネ
画像

戒壇院も静かです。
画像

ここでは、いつも小さなものが綺麗に清掃されています。
画像

境内の椿のそばに、ヒガンバナが数本。
このひっそり感は、なにか物悲しい香りがします。
画像

境内から山門を見ると何やら遠くに赤いものが。
画像

山門を額縁風に。
赤いには、ヒガンバナですネ
画像

参道から戒壇院。
両側にニガンバナが綺麗に並んでいます。
画像

たくさん生えている側を。
画像

なんか怪しい人が。
尋ねてみたら、ヒガンバナとチョウを撮影しようと粘っていますと事。
なるほど、熱心な事です。
画像

撮影対象は、これ、アゲハチョウですネ(たぶん)
赤と黒、これは上手く取れれば絵になりそうです。
画像

画像

ヒガンバナのアップも。
画像

画像

傍らには、小さな草花が何かを語るように咲いています。
画像

良い時間に来ました。
結果的には、もう少し早かったら、hガンバナの赤が際立って映えていたのかも。
毎日この辺を通れればいいのですが、そうも行きません。