大宰府天満宮・梅たより  (2016.02.21)

この所、週末は天候不良が多いです。
今日は、晴れ上がり、散歩には最適な日和になりました。
で、今年2回目の歩きです。
車は、何時ものように観世音寺の駐車場に置いて、太宰府天満宮往復4kmの散歩です。
前回、6kmでへばったのですが、もうかなり体力は回復していますので、4km大丈夫です。
良い日和になったとは言え、まだ寒さが残っていますので、少し着こんでの散策です。
拝殿横の飛梅は、もう満開近くでした。
天満宮では、この飛梅が最初に咲き出しますので、これ見たさに大勢の参拝客、観光者が立ち寄ります。
TVや新聞でも1輪咲いただけで話題になります。
かくいう私も1月16日に噂で駆けつけました。
今日も参道も境内も参拝者、観光客で溢れていました。
曲水の宴(3月6日)や本格的に梅が咲き出すころは、観光シーズンに突入しますので、相当な混雑が予想されます。
今年は、中国からの大型フェリーツアーも400回以上になると言われますので、尚更、混雑化するかも。
彼らは、ここでの爆買いは、ありません。
ただ、混雑の中に着て、何思うやら。
天満宮の散策では、施設面で見て中国や韓国の方が見ごたえありますからネ
遥か昔、中国から伝わった懐かしいものが残っていますの意味を心に留めて欲しいのですが・・・・


出発は、観世音寺から。
いつもの静かな境内です。
画像

1km程歩いて、天満宮の駐車場につきましたが、今日も車が多いですネ
宝満山は、すこしモヤがかかり、すっきりしません。
画像

西鉄大宰府駅前の参道には、大勢の観光客?が行き交っています。
この付近は、電線が地下埋設されているので、空がすっきりしています。
画像

九月の神幸式大祭に使われる牛車が花車になっていました。
画像

太鼓橋と心字池。
画像

なにやら着物姿が見えますネ
だが日本人ではありません。
よくある着物で散歩しようのレンタル着物の中国人です。
日本でも街中で見かけるのは、正月、成人式ぐらいでしょうか。
観光地では、よくある風景ですネ
画像

太鼓橋を渡って、梅見物なのですが、まだ1分咲き程度か、蕾状態ですネ
程よく咲いているのを。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

楼門まで着ました。
日本語でない人達が大勢です。
大声で叫んでいますのですぐ判りますネ
画像

楼門横は、日当りが良いのか、五部咲きぐらいでしょうか。
画像

画像

画像

楼門を潜り、本殿前に入ります。
右手の飛梅は、満開に近い状況ですネ
左の皇后の梅は、まだこれからです。
拝殿でお参りします。
中央付近は、行列をなしていますので、横っちょからお参りします。
画像

飛梅。
画像

画像

画像

皇后の梅。
画像

画像

橘は、まだなっていません。
画像

本殿裏には、厄晴れひょうたんがずらりと、それも2ケ所あります。
ひょうたんの中に、厄除や願い事を記入した用紙を入れ、除災招福を祈念する。
画像

画像

本殿裏の北神苑を覗いてみます。
こちらの、まだ、ちらりほらりで蕾が多いですネ
まあ日当り良いところでは、綻んでいるのもあります。
こちらも春は遠いようです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

菖蒲池の南神苑に来ました。
こちら側も北神苑と変わりありません。
画像

菖蒲池も眠ったままです。
画像

画像

曲水の庭もまだ蕾状態。
ここでは、毎年3月第一日曜日(2016年は、3月6日)に曲水の宴が開催されます。
十二単をまとった姫や平安装束に身をつつんだ参宴者が、曲水の庭の上流より流された酒盃が、ご自分の前を過ぎる前に和歌を作り、お酒をいただくという雅みやびな神事です。
当日、見物席に入るには、無料の整理券が必要です。
画像

文書館入口の白梅は、五部咲き位でしょうか。
普段は、立ち入れない場所ですが、何か公開されていますネ
画像

画像

画像

画像

画像

尾形光琳の紅白梅図屏風が公開されていました。
もちろん本物ではありません、原寸大レプリカです。
MOA美術館に所有されて、国宝です。
琳派を代表する尾形光琳が江戸時代に描いた最高傑作です。
レプリカでもこうして近くから見学できるのも嬉しい限りです。
残念ながら、公開は、2月21日当日のみでした。
画像

帰り道、参道中ほどの鳥居近くに観光会館がありますので、トイレついでに寄ってみます。
ここには、大宰府の観光案内やパンフレット、休憩施設があります。
画像

入口にひな壇が飾ってありました。
もうすぐ3月ですネ
画像

現在は原っぱの大宰府政庁跡の模型も展示されています。
奥行き、120m程はありますので巨大な施設です。
画像

最後は、いつも梅ケ枝餅なのですが、趣向を変えて、「ハムエッグたいやき」なるものをほおばります。
そのままの、ハム、タマゴ、キャベツ類の野菜をたいやきの衣で焼いたものです。
意外と美味しかったですネ、150園/個。
画像

ぶらぶら歩いて、2時間30分の散歩でした。