2019年山笠(2)中洲・川端界隈    (2019.07.01)

キャナルシティから川端アーケードに歩きます。
飾り山は、川端界隈のほかに、東流、千代流、博多駅、天神界隈、渡辺通り、福岡ドームとある。
一回も行った事ないのが福岡ドームだ、ちょっと離れすぎている。
川端界隈と天神界隈を回れば、のこりは、3,4つだ。
次は、天神界隈に出かけたいが果たして・・・
いつも白煙を吐き、話題になる川端中央街の走る飾り山だが、白煙を出す仕掛けが見つけられなかった。
多分あそこかなと思うが、エレベータで隠れているかもしれない。
実際の追い山ならしが楽しみだ。


八番 上川端通
表:神武東征誉
19070150.jpg
中央部分。
19070151.jpg
左は長臑彦 右は神武天皇
19070152.jpg
見送り:三人形
19070153.jpg
中央部分。
左下は伊達奴 右上は傾城 右下は丹前。
19070154.jpg
離れます。
19070155.jpg
アーケードを歩いて次に。
十七番 川端中央街
表:決闘巌流島
19070157.jpg
中央部分。
左は佐々木小次郎 右上は宮本武蔵。
19070158.jpg
見送り:KBCふるさとWish
19070159.jpg
中央部分。
左上は 佐藤栄作 右上は徳永玲子
左下はミセタカ 右下は宮本啓丞
19070160.jpg
一人見えなかったので、右下は長岡大雅
19070161.jpg
見送りから離れます。
19070162.jpg
商店街で見かけた小さな置物。
19070163.jpg
ピンクの象さん乗り物、1回100円。
19070164.jpg
博多山笠小物。
19070165.jpg
小雨で道路は濡れていますが、中洲へ。
中洲も一昔前とは違います、お店もハイカラになり、場末の飲み屋のイメージは見かけません。
エロっぽい所がなくなりつあります。
19070166.jpg
飾り山も雨が入らぬように幕を少しおろしています。
19070167.jpg
六番 中洲流

表:雄姿剣洗川
19070168.jpg
中央部分。
19070169.jpg
白馬に跨る 菊池武光。
19070170.jpg
見送り:義経千本桜
19070171.jpg
中央部分。
左上は静御前 右上は義経 右下は源九郎狐。
19070172.jpg
義経も静御前も若すぎるし、義経は色男に見えてしまう。
19070173.jpg
中州から博多リバレインへ歩きます。
リバレインへは、アンパンマンミュージアムがあるのですが、歩道のマークを頼りにします。
19070174.jpg
昨年までは、表通りの右側に飾り山がありました。
今年は、裏側に移動しました。
19070175.jpg
リバレイン裏側のホテルオークラの間の通路になりました。
こちらはアーケードになっていて雨にも濡れず良いですネ
表の人通りから遠のいたので、幾分寂しくなりました。
19070176.jpg
博多川側に鏡天満宮があります。
19070177.jpg
博多川側から、鏡天満宮、飾り山、右がアンパンマンの入口。
19070178.jpg
十一番 博多リバレイン
表:大化の改新 乙巳の恋
19070179.jpg
中央部分。
19070180.jpg
上から神武天皇 皇極天皇 中大兄皇子。
19070181.jpg
左は中臣鎌足 右は蘇我入鹿。
19070182.jpg
見送り:足柄山の金太郎
19070183.jpg
中央部分。
金太郎にクマ、サル、イノシシ、シカが可愛く作られている。
19070184.jpg
上部の源頼光と母。
19070185.jpg
アンパンマンは、5,6Fにあります。
19070186.jpg
雨も絶え間なく振り出しました。
ボチボチ帰りましょうか。
川端アーケード入口に川上音二郎像があります。
オッペケペー節で有名。
一世を風靡した興行師・芸術家、新派劇の創始者。
19070187.jpg
ラーメン屋にしゃれたおかずの店など。
19070188.jpg
冷泉公園の入り口。
車いすもベビーカーも簡単には入れない。
当然人も自転車も容易には入れない不思議な防御枠。
19070189.jpg
飾り山は、市内にまだ10か所余りあるので回りたい。
追い山も12日にならし、13日に集団山見せがあるので何とか見たいが。
15日の追い山は、早朝なので、見る事はないだろう。
福岡に住んでン十年過ぎようとしているが、追い山だけは見た事ない。
今年もTV録画だろう。